学類紹介

理念・特色

激増する超高齢化社会の諸問題
新たなリハビリテーションが日本の未来を切り開く

総合リハビリテーション学類では、リハビリテーション医療におけるより高い専門能力の確保はもとより、他の専門領域との統合による相乗効果や、生活習慣病に多く見られる複合疾患を有する場合の各専門領域の関わり方など、広い視野と知識に基づく多面的な思考や分析・判断、さらには高い問題解決能力を兼ね備えた人材の育成を目指します。

rihafig

 

画期的な教育の特色

3専攻の連携による総合的教育
  • 本学類は「理学療法学専攻」「作業療法学専攻」「栄養療法学専攻」の連携と独自性を両輪に、従来の理学療法学、作業療法学、栄養学が、単独では十分に対応できなかった生活習慣による疾患や内部障害、合併症の予防など、予防から治療・回復・社会参加にかかわる総合的なリハビリテーションの理念を基礎にした学びを展開。
  • 高度な専門的能力と総合的判断力、新たなリハビリテーションを推進する力を涵養し、障がいのある、あるいはそれが予測される方々の心身機能や生活機能の回復、維持、予防、および栄養の改善に寄与できる専門職や教育・研究者など高い問題解決能力を兼ね備えた人材を育成する。
  • 臨床実習においては専門性の高い各病院を中心に、多様な施設で少人数によるきめ細やかな実習を行う。